Dalian Hongsheng machine Co.,Ltd

検査器具の校正

出版社: hao
時間: 2018-04-14
概要: 弊社の方は充実した検査設備と専業の検査人員により精度の高い検査が出来る体制にあります。検査器具の方は定期的に校正行っております。今は日本製のミツトヨ自動三次元測定器、ミツトヨ工具顕微鏡、自動高さ測定器、ハイトゲージ、高さゲージ、表面粗さ測定機器、硬度測定器、ハンドル硬度測定器、00級大理石定番平面台、栓ゲージ、ネジゲージなど普通の検査道具を揃っております。部品が全数検査を行っております。 ISO9001承認を2010年に取得しこれまで以上に品質管理を強化しております。

弊社の方は充実した検査設備と専業の検査人員により精度の高い検査が出来る体制にあります。検査器具の方は定期的に校正行っております。今は日本製のミツトヨ自動三次元測定器、ミツトヨ工具顕微鏡、自動高さ測定器、ハイトゲージ、高さゲージ、表面粗さ測定機器、硬度測定器、ハンドル硬度測定器、00級大理石定番平面台、栓ゲージ、ネジゲージなど普通の検査道具を揃っております。部品が全数検査を行っております。

ISO9001承認を2010年に取得しこれまで以上に品質管理を強化しております。





検査器具の校正について(3ヶ月~6ヶ月、一回校正)

 ノギスの接触面を測定し、清潔で汚れがなく、サビ、針の方はしっかりしているかどうかを検査します。動くどうかははっきり確認、表头が穏やかで平らかに推进できるどうかを確認いたします。

 位置を調整したり,ポインタをゼロに合わせたりする。

 まず、10mm基准ブロックを取って、量はきれいで平らなものにします。

 3度の測定を行い、誤差±0.02mmを許す。その平均値を「内学校記録表」内に記録し、計量中に、測定ブロックと同じ方向に値を調整する。

 同様の方法で、以下の基准値を用いて、50mmの误差±0.02mm;100mmの許容誤差±0.02mm;(50mm+100mm)、誤差±0.04mm、(100mm+50mm+70mm+80mm)は、誤差±0.06mm、1個当たり三度測定し、その平均値を「内校記録表」内に記録することができる。

 测内径に接触を摩耗度:2個を取り、同じ大きさの量块(构成測定の基准面)、しっかりかかえ一枚の50 mm量块成「h」型、そして将来的に移動させるノギス測定の上の端でひろげて2基准面後再ポストで、三度測定、平均値を取り、記録の『内部の精度が表』で、測定値と許容基準値の誤差は±0.02 mm。

 異なる量の基準値を使用して、異なる基準の複数のブロックまたはその組み合わせを用いて較正を行うことができる。

 過去の測定値と基準値の差は、誤差範囲内で、較正に合格することが認められる。





お見積もりご依頼など喜んでお手伝い致します。

どうぞよろしくお願い致します。



前へ:金型加工技術展2018に出展

次へ:生産管理についてのご説明