Dalian Hongsheng machine Co.,Ltd

精度要求のある溶接構造品は、溶接工程の工夫で仕上げ工数を削減

時間: 2020-06-30
概要: 高い精度要求のある製品は一般的には溶接加工から機械加工という工程が採用されます。しかし、機械加工を工程に含めるとコストアップ要因となってしまうので、各部品も板金加工のみで精度だしを行い、その後溶接加工とすると大幅なコストダウンが実現できます。

建設機械のユニット品は、各部品がある程度の精度を持っており、溶接を伴う組み上げを行った後にも、高い精度要求が行われる場合があります。その為、一般には部品をくみ上げた後に必要となる部位に対して機械加工を行い、精度を担保することになります。しかし、溶接後の機械加工は加工の難易度が高く、コストアップ要因となってしまいます。

高い精度要求のある溶接構造品の場合、溶接後の仕上げ工程を少なくすることがコストダウンにおけるポイントです。こちらの製品であれば、平面度と穴ピッチ±0.5mmの寸法精度、曲げ精度が加工においてポイントとなっていました。そこで、溶接前に指定に沿った加工精度を充分にだし、溶接時には歪みを抑えるように溶接方法の選定と工程を組むことで従来よりも大幅にコストダウンを実現しました。

前へ:コロナウイルスは再度に大連で発生しました

次へ:精度要求のある溶接構造品は、溶接工程の工夫で仕上げ工数を削減